確定申告と「医療費控除」の関係は?

確定申告をしますが、その中で「医療費控除」を受けることが出来ます。
今回は、その対象となる医療費控除について説明しますね。
※国税庁のホームページに詳しいことが記載されています。
それが大切です。
※年によって法律が改正される事がよくあります。
控除の対象については、医師、または歯科医師による診療または治療の対価になります。
それから次に、治療、または療養に必要な医薬品の購入の対価において、ビタミン剤の様な病気の予防には対象となりません。
そう考えるべきですね。
それから次に、病院、診療所などに入院したりします。
あmた、通院したりする時の費用も対象となります。
保健師、看護師などに依頼します。
そして自宅で療養を受ける時も控除の対象です。
全ての医療費は領収書が必要となっています。
確実に領収書を保管しておくことですね。
また、領収書は月毎にまとめるのではありません。
個人毎に、医療行為毎にまとめておかなければいけませんよ。
薬局でもらったレシートがありますよね。
これは領収書としては有効ですが、同時に日用品などを購入している時は関係ないものには二重線を引いておきましょう。
※税務署に提出する時に指摘されることあります。
結構多いようですね。
確定申告とは、所得税を払う為の手続きになりますが、医療費などの場合は還付される事も多いですね。
ですから、手を抜かずに手続きをしてくださいね。
(笑顔)
看護師転職サイトランキング