生命保険相続財産になる場合とは?

【生命保険が相続財産になるのはどういう場合なのか】生命保険は保険金の受取人の違いによって相続財産になるかならないかが決まってきます。
ではどのような場合に相続財産となるのでしょうか。
生命保険が相続財産になるのは保険金の受取人が亡くなった本人の場合です。
つまり保険料の支払人と保険金受取人はが同じ場合です。
これに対して保険金の受取人が本人以外の場合には相続財産とはならず受取人の固有の財産になります。
では相続の場合にはどのような基準で分配されるのでしょうか。
<相続財産は生前贈与を考慮して分配される>相続財産の分配には公平を期するために生前贈与(特別受益)が考慮されます。
したがって保険金受取人は保険金の額だけの生前贈与を受けたことと同様に見なされます。
あなたのFP評判悪い?私のガチ体験談!【保険相談口コミは?】※サービス終了