フラット35Sの適用条件とは?

住宅購入の際に、より有利な条件を実現してくれる住宅ローン、それがフラット35Sです。ただしこのフラット35S審査を申し込むためには、一定の条件を満たさなければなりません。まずその内のひとつが省エネルギー性、そして耐震性、バリアフリー性、耐久性および可変性となっています。いずれも国が推進している住居の形態を現実のものとする装備であり、実際近年はこれらの機能を備えた住宅が当たり前のように存在していますので、自分たちの未来のためにも、フラット35Sの対象となるような自宅を建てるというのは、決して損にはならないでしょう。またこの技術基準さえ満たしていれば、新築・中古の別は問わずフラット35Sの対象になりますので、住居を購入する際にはその建物が対象となるかどうかをしっかりチェックして決めるようにしましょう。

フラット35S審査に落ちる?金利優遇の注意点!【技術基準厳しさは?】
フラット35Sの審査に落ちないためのコツをご紹介!大幅な金利優遇が受けられることで固定なのに非常に金利が安いフラット35Sの借り入れ条件や審査について知りたい方必見です。
www.hurat35kinriwaribiki.com/